忍者ブログ
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
アルビオン山手C棟 2LDK 125,000円 敷金2か月礼金1か月 平置き駐車場1台付
ペット多頭飼い可(但しペット飼育の場合は敷金3か月すべて償却)
詳細はこちら
PR
家猫ラッキーが突然逝って3年が過ぎようとしていた頃事務所に出入りする野良猫ジュニアの食欲が急に落ちだしてみるみる痩せていった 身体に触ってチェックしてみると首のあたりにしこりを発見したのでいつもお世話になっているタム動物病院に入院させて検査することにした
3泊4日の入院でわかったことはリンパ腫であることともう手遅れで治療のしようがないこと安楽死も選択肢に説明を受けたが18年一緒に過ごした猫は子供同然なので最後まで看取りたいと延命処置をお願いした とはいえ毎日の点滴くらいしか治療もないのでひたすら病院に通った
ジュニアの発病と重なるように縄張り意識が強いジュニアが珍しく招き入れて出入りするようになった野良猫シロが子猫を4匹生んだことが判明した シロは人間に全く慣れない猫なので接触することも少なくだれもその体形の変化には気がつかず知らないまま出産したらしい
人に見つかると寝床を変え生きてるのか死んでるのかもわからないままだったがある日突然事務所の裏口に一家で現れて餌をねだりだした 多分離乳食が必要になってきたんだと判断して与えてみると親子ともどもモリモリと食べ始めた 子猫は4匹で当初気がついた時と頭数は変わってなかったから事故もなく無事に育っていたらしい ただカラスの格好の餌食になるサイズだったので事務所の一室を猫一家の住まいとすることにした 無邪気な子猫たちだったがだんだん母猫に感化されて人間を警戒しだしたのでこれはマズイと急きょ2匹を自宅で買うことにして持ち帰った 事前にタムの院長に相談したところ猫は新しい環境になれると母猫を忘れると言われたので安心していた
確かに家には1日で慣れて3日もすると出会った当初の人懐っこい猫へと戻っていったが母親の元に残した2匹はますます警戒心が強くなりもう触ることもできなくなった 取り敢えず母猫が外出している時を狙って1匹を捕獲して1週間後に最後の1匹も捕獲に成功した その都度2匹を一緒に飼いたいと言ってた里親志願者に渡していった やはり猫は忘れてしまうようで1週間ぶりにあった兄弟がふーっふーっ吹き合ってが今はすっかり仲良く暮らしている そんな騒ぎと並行してジュニアはどんどん悪化していった 短い散歩が日課だったがある日戻らず死に場所を探したのかと落胆していたが近所の人がうずくまっているジュニアを発見して連れてきてくれたので以後は外に単独で出ることは禁止となり出すときは必ずついていくとにした 餌も自力では食べられなくなって少量を歯茎にこすりつける食べさせ方をタムで教わり嫌がるまで食べさせていた 8月10日餌をやるとかたくなに拒んで穏やかなジュニアが爪を出して抵抗した もう意味がないんだよというようにこちらを見ているのでいつもは夕方連れていくタムへ午前のうちに連れて行き点滴を打った 応接室のソファの上が定位置だったが覗くたびに床に下りて腹ばいになっていた 何度戻しても見れば床にいるのでそのままにしてひと段落ついた3時過ぎからは一緒にいることにして観察していると明らかに呼吸が乱れてきていよいよ最期の時が近いことが伝わってきた
3時10分頃に体勢を変えた いよいよかと思い何がしたいと声をかけると右の前足をまっすぐ前に突き出した ああ外に出たいんだなと思い骨と皮になったジュニアを抱いていつも遊んでいた隣りのタクシー会社へ連れて行き好きだった位置を何か所か回った もう気が済んだかと事務所に戻りかけると今度は道路向かいを再び右前脚を伸ばして指した そうだなあそこも好きな場所だったなあと言いながら道路を渡り事務所を正面からとらえるとジュニアの体の力が抜けていくことが分かった 事務所の戻りドアを開けてると大量のおしっこをした それは体内の水分をすべて出し切るような量で抱きかかえてる腕から滴り落ちるほどだった
室内に入り床に下すと大きく息をついてジュニアは逝った ありがとう一声かけて頭を撫でた
本当にありがとうジュニア 18年は長いようで短くて老衰で死ぬと思い込んでいたしなあ
いろんな思いが湧いてきたがラッキーのように外出している間に突然死された悲しみはなかった
2か月の闘病生活に付き合ってやれた満足感もあったんだがなその時は でも日増しに募る寂しさは何ともしようがない その日のうちに荼毘にして夏休みは返上して近所の人や可愛がってくれた人々の弔問を受けた 愛された地域猫ジュニアの本領発揮した日々 御供物でテーブルは一杯
ほんとにおまえはすごい猫だったよ ただただ多くの人々に愛された猫だった
家に帰ると5か月になる猫2匹と近所の人に拝み倒されておっつけられた3か月猫が無邪気な顔で待っている 逝っちゃったラッキーとジュニアの分も可愛がらないとならぬ
行ってみたら自分はオーケー派だと認識したスーパー三和であったが主婦の絶大な支持はやはりスゴイ よって三和に近い物件を紹介するのは不動産屋の義務になるだろうと思いました(笑)
で ご紹介するのは同じ建物の上下にあるこの2物件 斜め裏が三和って感じ
ベルパーク本牧 来年の1月末入居予定と2月末入居予定
階数が2階と3階と違うだけで間取りは同じ エレベーターがない低層物件なので
2階のほうが上り下りは楽になる 高さを取るか楽を取るか そんな選択になると思う
外観はこんな感じ 1階がモスバーガーで隣がMoon ちょっと賑やかです  

 
間取りは共通

ペットの飼育OK(但し敷金3か月償却2か月)

詳細はこちら
201の詳細
301の詳細

イトーヨーカドー跡地に何が入るかと巷では興味津々だったが結局本牧フロントという名称の複合商業施設になりその中のスーパー三和が大人気となって磯子あたりからも訪れる人がいる様子 何が安いのかと近所の主婦に聞いてみると野菜が激安とのこと 近所なので行ってみると確かに安い それもずば抜けて 事前にオーケーによって取り敢えずきゅうりの値段を参考に見ておいたが4本204円だったかな それが三和ではオープン間もない時だったこともあったのか128円だった 大きさもはるかに大きかった 大きいけど味も大味ということもあるだろうが主婦に与えたインパクトは相当なものだったようで近所では聞く人聞く人ちょっと興奮気味だったな 気になる肉はA4クラスの和牛があってモノはよかったが売り方が気に喰わなかった 楽天セールのように明らかに価格を乗っけといて50%引きだったかもっとだったかって感じ これならオーケーの正味から遅い時間に行くと30%引きになってる方がお得だと思った 野菜にはさして興味がないが肉には結構執着してる(笑) 安かったら買ってみようかと 考えていたがそんなからくりを全く疑わない買い物客の熱気になんかシラケて売り場を離れた 結局買ったのは弁当とみかん みかんは安くて味も普通だったが弁当は不味かったな 惣菜関係はオーケー方が上だと確信した 肉や惣菜はオーケーで野菜は三和でがいいかも でも自分はそこまでしないな 駐禁を機にしなくていい時間帯に道路っぱたに停めて買い物 しているオーケー本牧店が面倒臭くなくていい 対抗してそのうち野菜も安くなるだろうし それよりオーケーで心配なのは焼肉カットの和牛がすごくまずくなったこと 偶々だったんじゃないかと何度か試したが毎度毎度なので買うのは止めた すき焼き用やステーキ用は変わらないのが逆に不思議だった なんでそうなったのか調べてみるとオーケーの方針が変わり大型店舗は 店内でカットのまま変わらないが本牧店規模の店舗はセンターからカットされたものがくるようになったことが原因だと突き止めた この肉に対する情熱を他のことに使うべきだなとも思うが で いろいろ試した結果すき焼き肉は問題ない ステーキも大丈夫 ダメなのは焼肉用という結果になった 差しが入っていておいしそうに見える肉がいざ焼くと差しの脂が落ちて肉自体は固い じゃあ軽くあぶるだけにしてもぜんぜんダメ 何度かチャレンジしてその後買ってないので 元に戻ったかもしれないが焼肉用はリスキーなので買ってない 自宅で焼き肉はやらないしね 夏のバーベキューシーズンは食肉市場に勤めている知り合いに買ってもらうことに決めた 自分の中の肉問題はこれで解決したが(笑)  今回一番悲惨なのはイオンなんじゃないかと思う タスマニアビーフって赤身肉をブランドにしたいようだが所詮豪州牛 なんでこんな値段を売ってるのか 誰が買うの このすっ高い輸入牛 肉好きサイドから見るとイオンはもう終了してる
回復しかかっていた小鳩が死んでそれは単なる皮切りに過ぎなかった今年
最大のショックは愛猫ラッキーの突然死 状況は思い出したくない
だから事実だけを伝えると6/18突然死した 享年13歳
さっきまでいて当たり前がいなくなったことに堪らず引っ越しをした
そして10/31には敬愛する父が亡くなった
すべてが虹を渡って行ってしまった・・・

そこが穏やかな世界であることを祈っている
そこがとてつもなく時間経過が速いことを願っている
自分の天寿を全うしてそこに向かって行っても
ラッキーの餌の時間には間に合うことを
また楽しい日々が永遠に続くことを
ありがとうラッキー 待ってろよ

忍者ブログ [PR]